Aoyama Community Laboratory

青山コミュニティラボ

青山コミュニティラボ(Aoyama Community Laboratory: ACL)は、 青山学院大学に2008年に設置された学部、総合文化政策学部(School of Cultural and Creative Studies: SCCS)の附置研究所です。青山近隣を中心に、クリエイター、アーティスト、文化産業、公共組織などの協力機関と連携し、21世紀の文化やアートをともに創造し、世界に発信することを目的として設立されました。「 青山学院アスタジオ」という施設の2階に位置し、プロジェクトルーム、メディア編集室、メディア・ステーション等の設備をもっています。

総合文化政策学部(SCCS)=アカデミック・コア

SCCSは、文化という人間にとって不可欠な領域に注目しながら、各分野を横断し、新しい視点からその創造を考え、また実践していく人材を育成することを目的に創られた学部です。青山の街の中で文化を総合し、集積するデザインの力のアカデミックコアとなります。

青山コミュニティラボ(ACL)=アカデミック・コモン

ACLは、SCCSと両輪となって、「プロジェクト型教育」というダイナミックな手法により、世界のどこでも創造的な活動ができる人材を育成する場であり、知と感性、アカデミズムと現場が一体となり、21世紀のかたちをデザインしていくための共同の創造空間=アカデミック・コモンです。

青山の街そのものをキャンパスに、あるいはラボラトリー(研究施設・工房)とし、学生の皆さんが、ACLを通じてSCCSから常に創造的「知」の養分を得ることができ、日本のどこでも、世界のどこででも、あるいは誰とでも、文化の創造活動に入っていける環境を目指しています。


ACLの活動

ACLの活動は、研究活動でもあり、学生への教育でもあり、地域貢献でもありますが、より大きな意味では、青山という空間特性を活かし、文化やアート、デザインの国際センターを目指してゆく活動です。

そこではさまざまな協力機関との情報交流の「場」を提供すると同時に、SCCSの豊富な専門知識を提供し、多彩なプロジェクトを立ち上げてゆきます。

1.情報の提供及び発信

青山を中心に、文化・学術・アート・デザインなどのイベント情報を発信します。

2.インターンシップマネジメント

協力機関へのインターンの派遣をマネジメントし、地域を通じた人材の育成を目指します。

3.共同研究・委託研究

文化・学術・アート・デザインに関わるさまざまな独創的な共同研究を、コミュニティや各種協力組織などと協働して推進します。

4.事業の共同企画及び斡旋・プロデュース

文化・学術・アート・デザインなどについての優れた研究成果を活かした共同事業を、コミュニティや各種協力組織などと協働で支援します。

5.政策立案及び提案活動

文化・学術・アート、デザインなどについての政策の立案・提案、およびコミュニティや各種協力組織を通じての実現を目指します。


組織概要

ACL所長 杉浦勢之
アカデミックディレクター 中野昌宏
クリエイティブディレクター 井口典夫
ACLアドバイザー

運営にあたって、右のアドバイザーが参画・協力しています。

日比野克彦氏(アーティスト)
柏木博氏(武蔵野美術大学)
小林武史氏(ミュージシャン)
小林康夫氏(本学大学院特任教授・東京大学名誉教授)
松岡正剛氏(編集工学研究所)
箭内道彦氏(クリエイティブディレクター)

ほか(ABC順)