カリキュラム

  • 1年次は「外国語必修科目(英語・第2外国語)」「専門基礎科目」などからスタートします。
  • 2年次から「演習科目(ゼミ・ラボ)」「専門共通科目」「専門分野別科目」の履修が始まります。 (「ゼミ」と「ラボ」についての説明はこちらから。)

このほか、選択制の「専門科目」や、全学共通の「青山スタンダード科目」があります。

科目詳細・シラバスはこちら(http://syllabus.aoyama.ac.jp/)から検索できます。


専門基礎科目

基本科目(必修)

本学部の学びのコアとなる「総合文化政策学入門」をはじめとし、「専門分野別科目」における「メディア文化」「都市・国際文化」「アート・デザイン」の3分野にそれぞれ対応する概論科目からなります。


A群(選択必修)

A群

「経済入門」「マネジメント入門」「コンピュータ統計基礎」からの選択です。これらの授業から得られる知識が「専門共通科目」における「政策マネジメント科目群」の基盤となっていきます。


B群(選択必修)

B群

「経済と文化・社会」「キリスト教文化論」「哲学入門」からの選択です。これらの授業から得られる知識が「専門共通科目」における「文化・思想科目群」の基盤となっていきます。


専門基礎科目

政策・マネジメント科目群

普遍性を重視した社会科学系の基礎分野の科目を学んだうえで、進路選択に合わせて必要とされる政策・マネジメントの応用分野について学びます。

文化・思想科目群

文化理解を深めるために、より多様な文化領域についての科目を学ぶとともに、自己を相対化し、視野を広げていくために思想・哲学分野の科目を学びます。


専門共通科目(選択必修)

専門共通科目(選択必修)

政策・マネジメント科目群

普遍性を重視した社会科学系の基礎分野の科目を学んだうえで、進路選択に合わせて必要とされる政策・マネジメントの応用分野について学びます。

文化・思想科目群

文化理解を深めるために、より多様な文化領域についての科目を学ぶとともに、自己を相対化し、視野を広げていくために思想・哲学分野の科目を学びます。


専門分野別科目(選択必修)

メディア文化分野

現代社会においては、メディアはコミュニケーション手段ということにとどまらない、創造の現場となっています。本分野の科目群は、多様なメディアにおいて生み出され、伝達されるさまざまな文化や情報を解読・分析する能力を育て、自ら文化の発信・創造をプロデュースできるクリエイティヴな人材の育成を目指しています。

都市・国際文化分野

都市は文化がもっとも活性化するフィールドであり、世界に向けて発信される場でもあります。本分野の科目群は、参加型学習などを通じて、都市文化創造、国際文化貢献、地域文化再生などに関わるさまざまな政策や事業を、自ら立案・遂行できる能力の開発を目指しています。

アート・デザイン分野

優れたアートを生み出すためには、優れたプロデューサーの存在が欠かせません。現代では、プロデュースという仕事もまたクリエイティヴな職業とされています。本分野の科目群は、芸術活動のプロデュースはもちろん、自治体の文化活動などをコーディネートしたり、マネジメントできる能力を涵養していきます。


専門科目(選択)

専門科目(選択)

1年次の「ACL入門」、2〜4年次の「海外研修」「キャリアデザイン特別講座」。いずれも選択科目です。