都市と地域の歴史と文化を実践から学ぶ

都市や地域、建築の歴史やデザイン、様々な計画や開発事業がどのような空間と生活から生まれ、それを生み出してきたのかについて、授業と相互に関連づけながら現地で実戦的に学びます。学部創設時以降9年間継続してきた山形の新庄市での活動、被災直後から行ってきた気仙沼の活動と、東京の青山や表参道を中心とした都市空間と生活の研究調査を、並行して行います。各地の状況を把握し、自分たちの生活空間について批判的に考察します。