21 世紀の文化経済社会研究

20世紀末から急速に進んだ認知科学・脳科学・神経科学とデジタル技術の爆発的発展を通じ、21世紀中期にAIを通じた技術的特異点=シンギュラリティーを予想するレイ・カーツワイルなどの議論が活発になってきている。それらの影響は、経済や社会、文化コンテンツに及ぶとされる。演習では、このように激変する人間環境をメディアと経済を中心に考えていく。