黒石 いずみIzumi Kuroishi

教授

メッセージ

建築は昔、詩や絵画、音楽を含む全ての技芸を束ねるものと言われていました。世界の都市や建築の空間や形態には、多様な文化や人々の生きる営みの深さとつながりを感じさせる力があります。その見えない力を理解し現代に活かすには、なによりも自分を取り巻く世界への素直で謙虚な好奇心と、感動や疑問を他者に訴える方法の試行錯誤をいとわないこだわりや忍耐力、そして歩き・作りながら考える動的な知性が求められるでしょう。2008年度には“センシング・シティーズ”企画を日英共同で実現し、2009年度にはそのパート3を音と映像インスタレーションによって行いました。これからも豊かな環境とは何かを皆さんといっしょに学び表現していきたいと思います。

担当科目 都市・国際文化概論、生活デザイン論、地域計画論
専門分野 / 関連分野 建築理論、生活文化、都市論、都市・建築・住居史、環境造形論、表象文化論、芸術史、民俗学、環境科学デザイン
最近の研究テーマ

「都市と建築の理論とデザイン」。都市や建築の歴史やデザインを社会背景や生活、多様な文化領域との関係から横断的に研究しています。

ゼミ 都市と地域の歴史と文化を実践から学ぶ
担当教員

黒石 いずみ