宮澤 淳一Junichi Miyazawa

教授

メッセージ

文学・芸術等、「メディア文化」の「内容」について皆さんを啓発し、ともに感性を磨き、知識を深めるのが私の主な役目です。ドストエフスキーや村上春樹を読んだり、クラシックからロック、ジャズまでさまざまな音楽を聴いたりして、それら固有の魅力や価値を探求し、社会やメディアにおいて、なぜそれらを尊重するべきなのかを考えます。また、各種き語学教育にも力を入れます。ピアニストのグレン・グールドやメディア論者マクルーハンの研究が縁で、彼らの母国であるカナダにも関心があり、「カナダ研究」という領域にも皆さんを誘います。

担当科目 メディア文化概論、翻訳文化論、音楽文化論、複製文化論、カナダの文化と社会論
専門分野 / 関連分野 文学・文化研究、音楽学、メディア論、地域研究(カナダ、ロシア)、翻訳の理論と実践、メディア・リテラシー研究、書誌学
最近の研究テーマ

文学研究、音楽学、メディア論。具体的には、現代文学、音楽史・演奏論、芸術=メディア=テクノロジーの諸問題等を研究テーマとする。各種の翻訳も行い、文献表記法にうるさい。

ゼミ 村上春樹と諸文学を読む
ラボ 映像翻訳を通じて世界と関わる(通称:映像翻訳ラボ)
担当教員

宮澤 淳一