福島 慎太郎Shintaro Fukushima

助教

メッセージ

総合文化政策学部は、皆さんの感性と知性の双方を遺憾なく引き延ばすことができるポテンシャルを持っていると思います。大学生という多感な時期の中で、これまで身に着けてきたその特性を仲間とともにさらに豊かなものにして行ってください。そして、皆さん自身の社会を観察する目、感じる心、表現する技に磨きをかけていただければ、と思います。教職員一同も、皆さんの成長を精一杯サポートいたします。

担当科目 社会調査論II、社会調査実習、社会調査演習I、社会統計学、コンピュータ統計基礎/情報と人間
専門分野 / 関連分野 地域社会学、社会心理学、社会調査論
最近の研究テーマ

社会における人と人との関係性に応じて、人々の心とそれを取り巻く環境(自然環境・社会環境・文化環境)がどのように相互に構成し合うのかに関心を持ち、研究活動を行っています。

バイオグラフィー/業績/書籍 【著書】
Uchida, Y., Ogihara, Y., & Fukushima, S. (2015). Interdependently achieved happiness in East Asian cultural context: A Cultural Psychological point of view. In Trommsdorff, G & Assmann, W. R (Eds.), Engaging in interdisciplinary research. Quality of life in cultural context.  Universitätsverlag Konstanz, UTB., Germany.

Uchida, Y., Ogihara, Y., & Fukushima, S. (2015). Cultural construal of wellbeing: Theories and empirical evidence. In Glatzer, W., Camfield, L., Moller, V.,  & Rojas, M. (Eds.), Global Handbook of Wellbeing and Quality of Life. : Exploration of Well-being of Nations and Continents. (pp. 823-837). Springer Netherlands.

【論文】
福島慎太郎 (2013). 地域における重層的な境界に抱かれた幸福.季刊環境研究,169,87‐93.

福島慎太郎・堤田成政・西前出・小林愼太郎 (2012). ソーシャル・キャピタルの空間的自己相関を規定する関連因子の特定―京都府北部の445 農業集落の全世帯を対象とした質問紙調査を通して―.環境情報科学論文集,26,171‐176.

福島慎太郎・吉川郷主・西前出・小林愼太郎 (2012). 京都府北部の農村地域を対象とした地域資源管理への参加に対する関連因子の分析―ボンディング型とブリッジング型のソーシャル・キャピタルに着目して―.農村計画学会誌,31(1),84‐93.

福島慎太郎・吉川郷主・西前出 (2012). 居住範囲の近接性に応じた友人との接触と主観的健康感との関連―個人レベル・地域レベル双方のソーシャル・キャピタル研究の統合を期して―.環境情報科学,40(4),31‐39.

福島慎太郎・吉川郷主・西前出・小林愼太郎 (2011). 一般的信頼と地域内住民に対する信頼の相互関係の検証―京都府北部に位置する3自治体の全農業集落を対象としたマルチレベル分析―.環境情報科学論文集,25,137‐142.

福島慎太郎・吉川郷主・西前出・小林愼太郎 (2011). 地域特性と地域単位に着目したソーシャル・キャピタルの形成量の地域差に関する分析―結合型・橋渡し型の信頼の地域間比較を通して―.農村計画学会誌論文特集号,30,345‐350.

福島慎太郎・吉川郷主・市田行信・西前出・小林愼太郎 (2009). 一般的信頼と地域住民に対する信頼の主観的健康感に対する影響の比較.環境情報科学論文集,23,269‐274

【国際学会発表(口頭)】
Fukushima, S. (2015, 3). The perspectives of multi-layered units and relativeness of social subjects: Towards the integration of social science and humanity. The Presence and Future of Humanity in the Cosmos: Why Society Needs Both the Sciences and the Humanities, Mitaka, Tokyo, Japan.

Fukushima, S., Uchida, Y., & Saizen, I. (2013, 9). The synergy effect of economic and social capital on health. The International conference on social stratification and health 2013 (社会階層と健康 国際会議2013), Tokyo.

【優秀演題賞受賞】 
Fukushima, S. & Uchida, Y. (2013, 5). Collective well-being in Japan. The 12th Meeting of the German-Japanese Society for Social Sciences, Bad Homburg, Germany.

【国際学会発表(ポスター)】
Fukushima, S., Uchida, Y., & S., Saizen, I. (2015, 2). Effects of social norms on cooperative behavior in correlation with geographical network size: An empirical approach to cultural unit and transmission. The Sixteenth Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, Long Beach, California, USA.

Fukushima, S., Uchida, Y., & S., Saizen, I.. (2014, 2). Are Cooperative Individuals or Cooperative Groups generated depending on different types of trust? A multilevel analysis on resource management of rural communities in Japan. The Fifteenth Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, Austin, Texas, USA.

Fukushima, S., Saizen, I., Uchida, Y., & Kondo, K. (2013, 1). A study on collective properties of happiness through the questionnaire survey in Japan. The Fourteenth Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, New Orleans, Louisiana, USA.
メールアドレス routashin@gmail.com