ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017開催! 「映像翻訳ラボ」が字幕を作成したSnowbirdが上映されます(6月3, 7, 11, 14, 16日)

^

今年も、ショートショートフィルムフェスティバル&アジアにて上映される作品の字幕作成に、本学部「映像翻訳ラボ」の学生たちが携わりました。担当作品は Snowbird という短編映画です(日本初上映)。
この「ラボ」(末尾の説明参照)は、2010年度より継続しており、今回は21本目の成果発表となりました。作品をご覧いただければ幸いです。 

作品情報: 
Snowbird Sean Baker監督 / アメリカ / 2016年 / 11分52秒 
概要:舞台はカリフォルニア州南部のスラブシティ。海兵隊キャンプ跡地にホームレスたちが住み着いてできた荒涼とした“町”である。少女テオは、そこに住む人々に手作りのケーキを配り歩く。やがてある男性を訪ねるが‥‥。 
iPhoneを使った斬新な撮影で話題となった『タンジェリン』(2015年)のショーン・ベイカー監督が、ファッションブランドKENZOの依頼で制作した短編映画。砂漠の中で映える色彩豊かなKENZOブランドの衣装にも注目である。

詳しくはこちら: 
ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017 
http://www.shortshorts.org/2017/ 
http://www.shortshorts.org/2017/ja/program/fashion.php 

字幕作成:
青山学院大学総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」履修学生15名(宮澤淳一教授担当) 
指導協力:日本映像翻訳アカデミー http://www.jvtacademy.com/ 

上映日時/場所: 特別上映プログラム・イベントの「ファッションショートプログラム」のカテゴリーで、他のショートショートフィルム20作品と同時上映されます。一作品あたり1分~12分程で合計上映時間は1時間50分の予定です(通しでの鑑賞となります)。 
★6/3(土) 13:30~15:20 表参道ヒルズSPACE O(表参道駅から徒歩2分) 
★6/7(水) 20:00~21:50 ラフォーレミュージアム原宿(明治神宮駅から徒歩1分) 
★6/11(日) 17:50~19:40 ブリリアショートショートシアター(みなとみらい駅から徒歩6分) 
★6/14(水) 17:50~19:40 ブリリアショートショートシアター(みなとみらい駅から徒歩6分) 
★6/16(金) 17:50~19:40 iTSCOM STUDIO&HALL 二子玉川ライズ(二子玉川駅から徒歩3分) 

入場料:無料(ですが予約が必要!)
   事前予約‥‥サイトの予約ページから上映前日23:59までに申し込み(予約にはPeatixへの登録が必要です)  
  当日券‥‥初回上映20分前より先着順 

※予約は、下記のリンク先から希望日の「チケット予約へ」をクリック 
http://www.shortshorts.org/2017/ja/program/fashion.php 

※映像翻訳ラボについて 
「ラボ」とは、青山学院大学総合文化政策学部の特色ある実習授業「ラボ・アトリエ実習」の略称です。「映像翻訳ラボ」(正式名「映像翻訳を通じて世界と関わる」)は、2010年度から継続しているプロジェクトで、宮澤淳一教授の指導のもと、日本映像翻訳アカデミーでの研修・指導協力を経て、「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」や「UNHCR難民映画祭」等で上映される作品の字幕作成に、毎年取り組んでいます。映画の字幕製作を通して「文化のプロデューシングやマネジメント」におけるその意義を理解するとともに、映像作品の理解力や調査能力を高め、外国文化や世界の諸問題への関心を深める努力をしています。 

※青山学院大学総合文化政策学部は、今回ショートショートフィルムフェスティバル&アジアと包括連携に関する協定を結んでおり、この「映像翻訳ラボ」の活動とは別に、他の学生がインターンやボランティアとして運営に参加しています。