映画『私たちが誇るもの~アフリカン・レディース歌劇団~』上映会開催のお知らせ(2017年11月11日)

青山学院大学総合文化政策学部の映像翻訳ラボが日本語字幕を担当した映画『私たちが誇るもの~アフリカン・レディース歌劇団~』の自主上映会が開催されます。

この映画は、難民や移民としてオーストラリアに逃れてきた4人のアフリカ女性たちが、演劇を通して自らのトラウマと向き合うドキュメンタリーです。

国連UNHCR難民映画祭2017(2017年10月)で本邦初上映されました。今回は「国連UNHCR難民映画祭2017―学校パートナーズ参加イベント」として、この作品のみの単独上映です。

今回の上映では、辻上奈美江氏(東京大学大学院総合文化研究科 特任准教授)をゲストにお招きし、難民女性と演劇についてお話しいただきます。

難民問題、女性問題、演劇、映像翻訳(字幕作成)とその教育指導にご関心のある方はぜひお越しください。

<記>

催事名:

青山学院大学総合文化政策学部映像翻訳ラボ主催

『私たちが誇るもの~アフリカン・レディース歌劇団~』上映会

(国連UNHCR難民映画祭2017―学校パートナーズ実施イベント)

日時:

2017年11月11日(土)14時00分~16時00分(13 時30 分開場)

場所:

青山学院アスタジオ(地下ホール)

地下鉄表参道駅より徒歩5分。B2出口より渋谷方向へ。Found MUJI 青山(旧 無印良品)を右折。直進し左手。(大学の敷地内ではありません。青山通りの反対側にある独立したビルですので、ご注意ください。)

青山学院アスタジオ(案内図)

プログラム:

(1)トーク「演劇を通じた癒し・苦悩・抵抗――シリア難民女性による演劇との比較」

辻上奈美江先生(東京大学大学院総合文化研究科 特任准教授)

(2)映画上映『私たちが誇るもの~アフリカン・レディース歌劇団~』

(The Baulkham Hills African Ladies Troupe, directed by Ros Horin, Australia, 2016, 85min.)

(ロス・ホーリン監督/オーストラリア/2016年/85分/ドキュメンタリー)

言語:英語(日本語字幕付き)

日本語字幕:青山学院大学総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」(宮澤淳一教授担当「ラボ・アトリエ実習」2017年度履修生計15名)

指導協力:日本映像翻訳アカデミー

入場:

無料(一般100名。先着順の入場ですので、お早めにお越しください。予約不可)

主催:

青山学院大学総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」(宮澤淳一研究室)

後援:

UNHCR駐日事務所、国連UNHCR協会

協力:

日本映像翻訳アカデミー(http://www.jvtacademy.com)

お問い合わせ: 総合文化政策学部宮澤淳一研究室 media-bunka<アットマーク>sccs.aoyama.ac.jp

※「UNHCR 難民映画祭」について

http://unhcr.refugeefilm.org/2017/

※「国連UNHCR難民映画祭2017―学校パートナーズ」について

青山学院大学は「国連UNHCR難民映画祭2017―学校パートナーズ」に参加しています。参加大学は、過去または今回の国連UNHCR難民映画祭2017で上映された作品の独自上映会をそれぞれ開催します。 http://unhcr.refugeefilm.org/2017/school/