映画『世界のまなざし』上映会開催のお知らせ(2018年12月1日)

青山学院大学総合文化政策学部の映像翻訳ラボが、日本語字幕を担当した映画『世界のまなざし』の自主上映会を開催します。

この映画は、ギリシャ・カステロリゾ島を舞台に、シリア難民の受け入れを巡って揺れ動く島民の葛藤を描いた短編ドキュメンタリーです。

この上映会は「UNHCR難民映画祭—学校パートナーズ」として、開催いたします。 プレトークとして坂上佐和子氏(国際NGO AAR Japan[難民を助ける会] シリア難民支援担当)をゲストにお招きし、ヨーロッパの難民事情についてお話しいただきます。

ご関心のある方は、ぜひご来場ください。

<記>

催事名:
青山学院大学総合文化政策学部映像翻訳ラボ主催 『世界のまなざし』上映会

日時:
2018年12月1日(土)15時00分〜16時30分(14時30分開場)

場所:
青山学院大学青山キャンパス17号館5階17506教室 東京メトロ表参道駅 B1出口より徒歩5分

プログラム:
(1)トーク「ヨーロッパにおける難民問題—それぞれの希望と苦難—」坂上佐和子氏(国際NGO AAR Japan[難民を助ける会] シリア難民支援担当)
(2)映画上映『世界のまなざし』 (アレクサンドラ・リバリス監督/アメリカ/2017年/27分/ドキュメンタリー) (Eyes of Exodus. Directed by Alexandra Liveris, USA, 2017, 27min, documentary.)

言語:
英語(日本語字幕付き)
日本語字幕:青山学院大学総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」(桜井徹二講師担当「ラボ・アトリエ実習」2018年度履修生計13名)

指導協力:
日本映像翻訳アカデミー

入場:
無料(定員100名・予約不要)
一般の方もご来場いただけます。

主催:
青山学院大学総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」(指導担当:桜井徹二講師)

後援:
UNHCR駐日事務所、国連UNHCR協会

協力:
日本映像翻訳アカデミー(http://www.jvtacademy.com

お問い合わせ:
飯笹佐代子教授 s-iizasa<アットマーク>sccs.aoyama.ac.jp

※「UNHCR 難民映画祭」について
http://unhcr.refugeefilm.org/2018/

※ 青山学院大学は「UNHCR難民映画祭—学校パートナーズ」に参加しています。