メディア文化ラボ

担当教員が情報発信している、書籍、新聞連載記事、雑誌コラム、テレビ・ラジオ番組、その他のメディアコンテンツの制作プロセスを体験・共有してもらうことによって、メディア文化・出版文化の現場を知り、それぞれが参画・寄与できることを考える。またAI時代の到来に際して、日本語情報発信の汎用化(機械翻訳)の可能性を探る。