デジタル・ストーリーテリング・ラボ

AR(拡張現実)や VR(バーチャルリアリティ)としてXRをはじめ、Spatial Computing(空間コンピューティグ)や ARクラウド、デジタル・ツインやミラー・ワールドといったキーワードとともに、個人で楽しむ映像作品やゲームなどのエンターテイメントから都市設計や社会デザインに至るまで、新たな〈体験〉を可能とするデジタル環境が整いつつあります。このラボでは、こうした体験を生み出す活動全般を「デジタルストーリーテリング」と位置づけ、作品やプロトタイプづくりを通じて、その意味や価値を実践的に考察します。