映像翻訳を通じて世界と関わる(通称「映像翻訳ラボ」)

★「映像翻訳」(主に字幕作成)を実践し、自主上映会を開催します。

★ 映像作品を鑑賞する態度を学び、映像翻訳の意義を理解するとともに、外国文化や世界の諸問題(特に難民問題や社会的差別の問題)への関心を深めます。同時に、自主上映会の実践を通して、「プロジェクト・マネジメント」とチームワークの本質を知ります。 

★ 例年どおり、協力団体(日本映像翻訳アカデミー、略称JVTA)が携わる 2 つの映画祭の出品作の字幕作成に参加する予定(ショートショート・フィルムフェスティバル、国連UNHCR協会のいわゆる“難民映画祭”)。