文化基礎演習(2年次必修)

都市と地域の生活空間と社会を実践的に学ぶ(基礎演習)

本演習の目的は、都市と地域の生活空間の社会背景と成り立ちを、現地体験や調査で把握し、自分なりの考え方を育てることです。

授業では(1) 地域の高校生や行政や住民の方々など多様な人々とコミュニケーションするスキルの習得。(2) 経済状況や社会構造、歴史的文化の情報を収集し、都市や地域の現状を幅広い視点で理解する力の習得。(3) 日本の都市や地域の空間や生活文化を相対的に理解して、その問題と魅力を自分なりに考察・表現し、現地で提案します。

主なテーマは A「地域文化とコミュニティ」:農村や漁村の地域空間や歴史文化、食文化、祭りとコミュニティの関係。B「被災地の復興と生活文化」:被災地の住環境と地域社会の変化、復興工事による景観変容。C「渋谷・青山の考現学」:渋谷・青山の多様な住民と空間の関係と都市文化形成、オリンピックに向けてのユネスコ世界遺産事業協力を扱います。