文化演習(3・4年次選択)

21世紀文明の現状と課題 ―AIとグローバル社会の未来を考える―

20世紀末から急速に進んだ認知科学・脳科学・神経科学とデジタル技術の爆発的発展を通じ、21世紀中期にAIを通じた技術的特異点=シンギュラリティーを予想するレイ・カーツワイルなどの議論が活発になってきている。それらの影響は、経済や社会、文化コンテンツに及ぶことは間違いない。事実従来の文化創造の現場では、人からAIへの置き換えはすでにかなりの程度進んでいる。しかしそれが喧伝されているように人間の仕事を完全に奪うことになるかどうかについては、もっと冷静な議論を重ねなければならない。技術変化のスピードは、人間社会のスピードをはるかに超えており、メディアを通じたコミュニケーションのチャネルの多様化と共に、社会の接続と分断が目まぐるしく進む。学生それぞれに未来をデザインするうえでは、一人一人の労働「生産性」ではなく、明確なビジョンと、短期・中期・長期で物事を考え、綜合しつつ戦略的に対応していける創造性が問われることになる。

演習では、このように激変する人間環境をメディアと経済を中心に考えていく。