文化基礎演習(2年次必修)

地域社会から日本文化を考える

本演習の目的は、受講者が3年次以降の創造的な活動を進めてゆくための軸となる、自らの「立ち位置」について各自が考えることです。人間は極めて限定された環境に生まれ育ち、そのごく狭い場と経験だけを軸に世界を認識しています。それに無自覚では、視点は狭窄なままです。本基礎演習では、自らの立脚点について、基礎的な文献を通じて自覚化し、確認していく作業を行います。主として日本の地域社会・地域文化についての基礎的な文献を読み解きながら、ディスカッションを通じて理解を深めます。