【終了】「音楽マネジメント・ラボ」が“ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン”で活動します
(2015年5月2~4日)


  総合文化政策学部では、プロジェクト型の実習授業「ラボ・アトリエ実習」の1つとして、本年度より、通称「音楽マネジメント・ラボ」(担当:板垣千佳子)が始まりました。学生14名(本学部2・3年生)によるこの「ラボ」は、さっそく、“ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2015”に向けて活動中です(指導協力:株式会社KAJIMOTO)。

 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(略称LFJ)とは、毎年5月の連休中に東京国際フォーラムやその周辺の複数会場で同時進行で行われるクラシックの音楽祭です。東京では2005年にスタートしたこのイベントは、今年は「PASSIONS パシオン」をテーマにしており、子供から大人まで廉価で楽しめる約350公演が用意されています

 「音楽マネジメント・ラボ」の学生たちは以下の2つのプログラムの立案・運営に協力しています。

1.こどもたちの音楽アトリエ
 ラ・フォル・ジュルネの特徴でもあるお子様向けのプログラム。音楽を五感で楽しむワークショップです。(展示ホール キオスクステージで実施)

2.FOLLE LABO
 今年から始まる新プロジェクトで、身近にあるデジタル・テクノロジーを使ってクラシック・コンサートをより身近に、もっと面白く体験できる実験スペースです。具体的には以下の活動を展開します。

‐BUZZ PASSIONS
 ハッシュタグ #LFJ2015 をつけたTweetをLABOに集結するビジョンを設置し、LFJを盛り上げます。

‐BACKSTAGE PASS
 舞台裏とLABOをFaceTimeでつなぎます。公演前、公演後のアーティストに直接声援を送りましょう。

‐WORKSHOP
 楽器がなくても、音楽はできる! iPadを使った音楽体験をレクチャーします。

‐PHOTO SESSION & SHARE
 憧れのアーティストと集合写真を撮りAirdropで共有する試みを行います。
(東京国際フォーラム地下1階「ロビーギャラリー」で実施)

 音楽の素晴らしさや楽しさを多くの方々に感じてもらいたいという願いで「ラボ」の学生たちは準備に励んでいます。ぜひ、会場まで足をお運び下さい。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2015(公式ウェブサイト)
http://www.lfj.jp/lfj_2015/

日程:2015年5月2日(土)・3日(日・祝)
場所:東京国際フォーラム(有楽町駅より徒歩1分)他