【終了】世界を舞台に活躍する若手アニメーション作家の創造性に触れる!
第18回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞受賞のアンナ・ブダノヴァを含む文化庁招へいの新進気鋭のアニメーション作家によるトークと上映に加え、注目すべきアジア圏6作家の特集上映!

fukudasensei

 平成22年度から始まった「海外メディア芸術クリエイター招へい事業」の本年度の成果を発表するとともに、招へい作家の代表作、および近年各国の映画祭でその存在感を増しつつあるアジアの注目すべき6作家の特集プログラムを組み、3部構成で世界のインディペンデント・アニメーションの最新動向を上映 とトークによって紹介します。

 第4部では招へい作家を囲み、観客のみなさんとの交流会を予定しています。世界のトップレベルの若い才能に出逢うチャンスに ぜひご参加ください。

 青山学院大学の学生にもこの機会に沢山参加していただけたらと思います。今年は上映作品も多く、ヴァラエティにも富んでおりますので、アニメーションのみならず、映画やアートに関心のある学生も参加してみてください。

日時:2015314日(土) 開場14:30 / 開会15:00
場所:青山学院アスタジオ地下ホール

【第1部】15:00〜16:30 A-AIR2015及び招へい者の紹介
【第2部】16:40〜17:45 アジアの最新動向「インディペンデント・アニメーション・フロム・アジア」
【第3部】17:50〜19:05 成果発表及び総評
【第4部】19:10〜20:10 交流会

事前予約可・入場無料
参加希望者のお名前(人数分)、代表者のお電話番号をメールで rsv@japic.jp 宛にお知らせください。FAXでも受け付けています。
※予約なしの当日入場も可能ですが、予約いただければ確実にお席をご用意いたします。

お問い合わせ
ジャパン・イメージ・カウンシル(JAPIC
TEL: 03-6670-5676 / FAX: 03-5466-0054

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-10-2
http://japic.jp/
本イベントへのリンクは http://japic.jp/?p=1781

主催:文化庁
共催:一般社団法人ジャパン・イメージ・カウンシル(JAPIC)、青山学院大学総合文化政策学部