第二回都市・まちづくりデザインコンクールに
総文生が参加しました


2015年の、都市・建築学部学生を対象とする第二回都市・まちづくりデザインコンクール(株式会社総合資格主催)に、総合文化政策学部の大学院修士の井関大介さんと中野薫さん、そして黒石ゼミ4年の松土恵大君と棚田風美さん、2年の小林洋貴君、寺田圭孝君がチームを作って参加しました。

わずかの差で入賞を逃しましたが、都市の「際」の開発と言うテーマに対して、山手線周辺の隙間空間に着目して「人とことから場所を作る」提案を行い、文化の側からのユニークな視点で他の参加者に刺激を与えたと高く評価されました。模型やパネルを作り、コンセプトをまとめる2か月のチームワークも、やりがいと成果を感じる楽しい機会だったようです。

presen