シンポジウム 「日本におけるポーランド人宣教師の活動:異文化交流の視点から」

 

20世紀から21世紀にかけて日本で活動を行なってきたポーランド人宣教師の歴史を振り返りながらその活 動を異文化交流の視点から見直す。長崎におけるコンベンツアル会ポーランド人修道士とメソジスト教会の 日本人牧師を結んだ不思議な助け合いを新たにハイライト。

また1981年に日本を訪れたポーランド出身のヨハネ・パウロ2世の教皇選出40周年をきっかけに、ヨハネ・ パウロ2世が日本のキリスト教にどのような影響を与えたかを再考察。

学内外の研究者、聖職者、ジャーナリスト等による講演と、戦後日本で被爆者や戦災孤児を助け続けたポーランド人修道士のゼノ修道士を主 人公としたアニメーション映画「ゼノ・かぎりなき愛に」 (宇井孝司、千葉茂樹、1998年制作。富士福祉事業団提供)を上映予定。

2018年10月13日(土)10:00 – 17:00
青山学院アスタジオ地下ホール
https://www.sccs.aoyama.ac.jp/astudio_map-html/


9:30
開場

10:00
開始:挨拶
青山学院大学総合文化政策学部准教授 メルクレイン イヴォナ
青山学院大学経営学部宗教主任 高砂 民宣
ポーランド広報文化センター長 ジュラフスカ マリア

10:30 – 12:30
第1部 日本におけるポーランド人宣教師の活動:その多様性と各修道会の紹介
10:30 パウロ ヤノチンスキ神父:ドミニコ会
11:00 シスター アグニエシカ ブイノヴィチ:神のみ摂理修道女会
11:30 イアン ブリ神父:サレジオ会
12:00 ドロタ ハワサ(ジャーナリスト):ヨハネ・パウロ2世と日本

12:30 – 13:30
昼休み

13:30 – 17:00
第2部 日本におけるポーランド人宣教師の活動:コルベ神父とその弟子たち
13:30 メルクレイン イヴォナ(青山学院大学総合文化政策学部准教授):長崎におけるコンベンツアル会ポーランド人修道士の活動: 布教ミッションの揺籃期
14:00 石飛 仁(ジャーナリスト):アリの街とゼノ修道士
14:30 シスター ドロタ ドロズドフスカ(聖母の騎士修道女会):ミエチスワフ ミロフナ神父のレガシー
15:00 千葉 茂樹(映画監督):アニメーション映画「ゼノ・かぎりなき愛に」の制作への道
15:30 – 16:45 アニメーション映画「ゼノ・かぎりなき愛に」上映
16:45 閉会の挨拶

参加費無料・事前予約不要

主催:青山学院大学総合文化政策学部・総合文化政策学会
共催:ポーランド広報文化センター

問合せ先:merklejn@sewa.jp