「映像翻訳ラボ」が字幕を作成した『サイレント・チャイルド』が、ラボ担当作品で初めてDVD化されました。

本学部「映像翻訳ラボ」で字幕を作成した短編映画『サイレント・チャイルド』が、ラボ担当作品で初めてDVD化されました。

『サイレント・チャイルド』は、2018年 アカデミー賞短編実写映画賞の受賞作で、聴覚障害児の教育問題をテーマにしたフィクション映画です。DVDには、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018で上映されるにあたって「映像翻訳ラボ」でつけた字幕が、一部修正のうえで収録されています。

DVD情報 :
『サイレント・チャイルド』
英語/カラー/20分/日本語字幕/バリアフリー字幕/音声ガイド
日本語版字幕:青山学院大学映像翻訳ラボ2018
価格: 70,000円(税別)
販売元: 株式会社パンドラ

※大学・学校・自治体・企業などでの教育目的での利用を対象としたDVDのため、個人への販売は行われていません。

パンドラ 『サイレント・チャイルド』商品紹介ページ:
http://www.pan-dora.co.jp/wordpress/?cat=43

「映像翻訳ラボ」や作品情報について、詳しくは以下の記事をご覧下さい。
過去記事:
「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018開催!「映像翻訳ラボ」が字幕を作成した『サイレントチャイルド』が上映されます(2018年6月7&17日)」
https://www.sccs.aoyama.ac.jp/topics/20180524/