宣伝会議賞で総合文化政策学部3年生が2年連続三次審査通過! 2年生6名も一次審査通過!

若手コピーライターの登竜門といわれる宣伝会議賞 https://senden.co/about で,総合文化政策学部3年生1名が三次審査、2年生6名が一次審査を通過しました。同賞は50年以上の歴史をもち、若手コピーライターの啓発、ならびに人材の発掘・育成やコピーライターの意識の向上を目的に開催されています。

第57回の一般部門は応募総数62万4,670点。一次審査通過率1.04%、二次審査通過率0.11%、三次通過はなんと0.03%! の快挙です。広告業界を目指す五傳木さんは、昨年も三次通過まで行きましたので、今年は入賞に向けてさらに頑張るとのことでした。

<キャッチフレーズ部門三次通過・3年生>
五傳木 風吹 キャノンマーケティングジャパン(https://senden.co/main/theme/178
(一次通過6本:キャノンマーケティングジャパン(2本)、京セラ、クレディセゾン、先端加速器科学技術推進協議会、日本アイ・ビー・エム)

<キャッチフレーズ部門一次通過・2年生>
大嶺 舞、宮脇 らら 霧島酒造(https://senden.co/main/theme/180
吉野 安由美 ジョルダン(https://senden.co/main/theme/188
緒方 百恵 日本レジストリサービス(https://senden.co/main/theme/199
渡辺 夏実 パナソニック(https://senden.co/main/theme/200

<CM部門一次通過・2年生>
濱田 怜衣 クレディセゾン(https://senden.co/main/theme/182